鋼球が使われる軸受とは

鋼球が使われる軸受とは

鋼球は軸受に使われるものが多くあります。それでは軸受とはいったい何なのでしょうか。
これはベアリングのことを指します。つまり、回転や往復運動をしている軸を支えるための機械部品になります。これによって回転軸が支えられており、軸が回転したり往復運動をするのを容易にしています。

この軸受にさらに鋼球が関わっているのです。
ベアリングの間にはスチールボールが使われており、これによって摩擦を小さくしています。これが機械にとっては大きな役割を果たしているのです。

摩擦というのはエネルギーを損失してしまいます。つまり機械にとってはかなり効率の悪いことになります。できるだけ摩擦によるエネルギー損失を防ぐべく、スチールボールが大きな役割を果たしています。

ベアリングが効果的に機能するためには、より質の高いスチールボールが必要となるのはお分かりいただけたでしょうか。
スチールボールはいろいろな機械の中に含まれていて、とても需要があるものになります。
特に丸いスチールボールは摩擦をより軽減することができるため、多くの企業から重宝されています。精度の高いスチールボールというのはベアリングとともにかなり重要な役割を果たしているといえるでしょう。

INFORMATION

【2016年12月01日】 
ホームページを更新しました。